《便利お得情報》4kw程度の太陽光発電を自宅に導入した時の年間予測発電量

太陽光発電の設置に関するメーカーや電力会社主催の地域を絞った太陽光発電のセミナー等に是非とも参加をしてみてください。
地域に密着した太陽光発電の過去データを把握することが出来るので、大変役立ちます。 テレビやインターネットなどで太陽光発電の特集をよく見かけるようになってきました。
時代は自然再生エネルギーを求めており、地球環境を第一に考えなければいけなくなったのです。
太陽光発電における発電量というのは、住んでいる地域や屋根の角度、方位などで大きく異なります。
なのでエリア毎の発電量に関する全ての情報を集めるためには、かなりの手間を必要とするのです。

 

もし4kw程度の太陽光発電を導入した時の年間予測発電量というのは、4500kwh〜5400kwh程度を期待することが出来ます。
この数字を電気料金に置き換えると、固定買取制度で計算してみると、おおよそ17万円〜20万円前後の換算電気料金になります。



《便利お得情報》4kw程度の太陽光発電を自宅に導入した時の年間予測発電量ブログ:2023-01-26

排便は習慣性を持つものである。

お母さんは午前中起きたら
排便するというのが習慣づいているので、
なんの無理もなく排便できるが、
子どもはそうではない。

子どもには午前中にウンチをすることを
お母さんが習慣づけてあげるからこそ、
午前中の排便ができるようになるのである。

お母さんが子どもに午前中の排便を習慣づけないと、
子どもは午前中の排便が難しくなる。

午前中のからだは排泄モードになっているのだが、
その時間帯で排便することができず、
その時間帯以外で排便するようになる。

そうなれば
排便でウンチを出し切らないようになってしまい、
ウンチをしても
からだ内に老廃物や毒素を溜め込んでしまうのである。

からだ内に老廃物や毒素を溜め込んでいると、
子どもの免疫力は低くなってしまう…

それで
子どもはたびたび病気になり、
食欲を減少させ、
排便を優先させるような行動を取ってくる…

子どもが病気になった場合、
食欲があれば別だが、
食欲がないにもかかわらずご飯をさせていては、
子どもはますます排便が困難になってしまうのだ。

病気をしている子どものウンチは非常に臭い!
それだけ老廃物や毒素を
溜め込んでいるということなのである。

しかも
大腸はこの中から水分を吸い上げて、
腎臓で濾過しているのだから、
腎臓が傷んでしまうのは当然のこと。

便秘の子どもに限って
子どもらしい元気さがないものだが、
それは腎臓自体が弱っているからなのである。

オレは…
病気になったら、
病院に行かればいいと安易に考えるのではなく、
子どもが病気にならないような努力をしておくべきだと思う。

だからこそ毎午前中、
子どもには排便を行わせ、
病気とは無縁のからだにしてしまおう!